論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

個別指導と家庭教師

進学塾の集団指導に対して、先生とマンツーマンで習う個別指導と家庭教師という形態があります。中学受験の学習でも、集団とマンツーマンの両方で勉強する人もいますし、片方で勉強する人もいます。これは、人それぞれです。

集団指導とマンツーマンは対極の指導形態であり、それぞれ良いところ悪いところがあります。集団指導のメリット、デメリットについては過去に記事にしました。


では、個別指導と家庭教師では、いったい何が違うのでしょうか?


もちろん、個別指導は生徒が塾に行って授業を受けますし、家庭教師は先生が生徒の自宅などに来て授業を行うという違いがあります。しかし、こまかいところを考えるとそれだけではないように思います。


まず個別指導はマンツーマンと言っても、先生1人に対して生徒が2人や3人いて時間差で指導している場合が結構あります


だから、マンツーマンではありますが、授業時間を通して常に先生がいるわけではありません。例えば、1授業60分で生徒が3人だとすると、1授業の内1人の生徒に対して20分がマンツーマン指導として割り当てられる時間になります。


一方の生徒に演習させ、他方の生徒のわからないところを説明するわけです。なので、授業を行うというよりは学習管理、及びチュウターの役目を行うといった感じになります。


次に個別指導の先生は学生講師がほとんどだということです。家庭教師にも学生の先生は多いですが、中学受験の先生となると社会人のプロの割合が高いと思われます。なぜなら、中学受験は高校受験や大学受験に比べて少し特殊ですし、ある程度の経験がないと指導しづらいからです。


ただし、個別指導でも先生1人と生徒1人で授業を行っている塾があり、さらに先生が学生ではなく社会人プロが担当している塾もあります。その場合は、料金が社会人プロ家庭教師の相場と同じぐらいに高くなっています。


ですので、料金を見ると、ある程度どのような個別指導をしているのかがわかると思います。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

先生と生徒の距離③

前回、前々回と先生と生徒の距離が近い場合と遠い場合のプラス作用、マイナス作用、そして心がけるべきところを書いてきました。


距離が近いタイプ、遠いタイプ、どちらのタイプも良いところがあり、また悪いところがあるわけで、一長一短なのですが、どちらかというと距離が近いタイプは人気のある先生で、距離の遠いタイプは力をつけてくれる先生というイメージが個人的にはあります。


さて、私の場合はどうかというと、おそらくこの2つのタイプの中間ではないでしょうか


塾で先生をやり始めた当初は、生徒にもよるのですがどんどん接近して来てべたべたしてくる者が結構いました。すぐに一部の生徒と仲良くなれるので授業はしやしくなり、その点は有難かったのですが、しばらくすると仲良くなった生徒の一部は宿題がおろそかになったり、小テストの点数にムラが出たりしはじめるのです。


やはり距離が近いと緊張感がなくなり、甘えが出てくるんですね。これでは、学力養成はおぼつきません。そんな経験もあり若い頃は距離を縮めてくる生徒とわざと距離を作って決して友達のようななあなあな関係にならないように意識していました。


しかし、あまりにも生徒と距離が遠すぎると生徒は個別に質問もできにくくなりますので、距離が遠いと感じた場合は近くに呼び戻すようにするために、授業で扱う文章の話題と関係する自分の体験談を話すなどしました。


そして、調子に乗って近づきすぎる生徒をまた遠くに押し戻し、一定の距離を保つようにするのです。このようにして私の生徒との距離感が次第にできていったように思います。


当時、私が意識していた生徒との距離感のイメージは、浜に押し寄せる波の光景でした。波は浜に押し寄せ近づくが、そのうち引いて遠のいていき、また押し寄せる。このことを何度も繰り返しますが、だいたい一定の距離で動いています。


この浜に打ち寄せる波のごとく、距離が近くになったり遠くになったりしながら、一定の距離を保つように、若い頃は意識していました


今はどうかというと、若い頃と比べると生徒を引き寄せる作業が多くなったように思います。若い頃は押し戻す作業が多く、かなり厳しく接していましたが、今ではそれほど厳しく接しなくても適度な距離があります。やはり年齢‥‥、いや、威厳からですかね(笑)


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

先生と生徒の距離②

前回に引き続き、今回は生徒との距離が遠い、どちらかというと年配の指導者に多いタイプを考えていきましょう。そこから考えられるプラス作用とマイナス作用とはどんなものでしょうか?


プラス作用は、あくまで先生と生徒という関係が保たれるために、生徒は先生の指示には基本的に従い、調子に乗って羽目を外すことも少なく、先生の授業がとどこおりなく行われやすくなることでしょう。


生徒はまじめに授業を受けるため、授業中はしっかり学習できるのではないでしょうか。


では、マイナス作用はどうでしょうか?


距離が遠いということは、親しみにくくなるので親近感が持てず、その先生が教える教科を苦手な生徒は、授業に興味が持てず授業中退屈に感じるかもしれません。また、質問など個別に先生に声をかけるのもしにくいのではないでしょうか。


まとめると、距離感が遠い関係だと生徒はまじめに授業を受けるので、毎回の授業で習うべきことは一通り学習してきます。しかし、その教科が苦手な生徒には学習意欲を上げるきっかけがなかなかつかめずに、苦手な者は改善することなくそのまま苦手な状態が続く可能性が高いと思われます


ですので、距離感が遠い先生は、時には生徒が親しみを持てる、あるいは興味を持てる話等をしてあげ、授業中の距離感にメリハリをつけることが大切だと思われます。先生の個性、人間味を生徒に見せてあげるわけですね


先生の意外な一面を見せることで、生徒の見方も変わり、ひいては先生に興味を持ったり、先生の授業に意欲的に取り組むようになるきっかけとなるのではないでしょうか


次回は、わたしの生徒との距離感について意識していることを書きたいと思います。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓