論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

受験生に贈る「故事成語」③

今回は、受験直前の受験生によく言っていた故事成語をご紹介します。
それは人事を尽(つ)くして天命を待つです。


【意味】
できる限りのことをしたら、あとはあせらずに、結果は天の意思(運命)に任せるということ。


中学受験における受験勉強は、個人差はありますが小学生にとって長い道のりであったはずです。楽しい時もあったでしょうが、つらく苦しい時もあったはずです。


そういったいろいろなこと乗り越え、また、その過程で精神的にも成長して、いよいよ本番の受験を迎えることになりました。


さて、この時の受験生の心境はどういったものでしょうか?


いままでしてきた長い受験勉強をためされる瞬間であり、さらに、中学受験は高校受験と同様に浪人はありえないため、人生で一回きりの受験機会なのです。


そう考えると、おそらく受験生は不安になったり、緊張したりするはずだと思うのです。受験勉強はしてきましたが、実際には受験はしたことがなく、未知の経験をこれからしようとしているので当然でしょう。


そんな時に、この故事成語を話してあげるのです。目的は、自信をつけさせることと不安を取り除くことです。この故事成語に以下のようなメッセージを添えます。


「君たちは、今までよく頑張って勉強してきましたね。また、さぼると厳しい先生によくついてきてくれましたね。ここまでくれば大丈夫です。できる範囲でやれることはやってきたでしょう?後は結果を気にせずに試験で自分の力を出すだけです。きっと運が味方してくれるはずです。」


ただし、今まで受験勉強をさぼってきた者にはこの故事成語の効果はありません(笑)だから、指導者は、そのような悔いの残る受験をさせないように指導しないと、と思ってしまいます。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

受験生に贈る「故事成語」②

今回は、「老子」に書かれた言葉をご紹介します。
それは、上善は水のごとしです。


【意味】
最高の善は水のようなものでなければならない。 水は万物を助け、育てて自己を主張せず、だれもが嫌うような低い方へと流れて、そこにおさまる


つまり、淡々としてこだわらず、争わず、低い方へ流れていき、何かにぶつかっても自由自在に形を変える柔軟な生き方を、最も良い生き方だと言っているわけです。


また、老子によれば、水のように「争わず、低きところに留まる」生き方こそ堅く強いものに打ち勝つことができる秘訣なのだと書かれています。


小さな力でも、根気よく続けていればやがて大きな成果を得ます。「雨だれ石をうがつ」ということわざもありますね。


受験は競争だ、戦いだと気負うのも良いですが、その思いが強すぎるとしんどくなったり、人間関係に良くない影響を与えたりするかもしれません。


それよりも、目立たないことでも自分のなす学習をコツコツやることで少しずつ力をつけていったり、苦手なことや成果の出ないことのやり方をいろいろ考えて柔軟に工夫することで自分の問題を克服したりすることが大切なのではないでしょうか


争わず、目立たないが継続し、柔軟でありながら実は強いという水のような受験勉強ができれば、最高なのかもしれませんねぇ。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

受験生に贈る「故事成語」①

故事成語というのは、故事(大昔にできごと)を語源とする慣用語句の総称で、たいていは中国の古典に書かれた故事が元になっています。


内容は、人生の生き方などを婉曲に示唆したり、端的に表したりするものが多く、受験生の心理に役立つものもあるので、シリーズにして書いていきたいと思います。


今回は、「人に勝たんと欲する者は、必ず先(ま)ず自ら勝つ」という長い故事成語を挙げたいと思います。


【意味】
人に勝とうと思ったら、その前に自分自身の欲望や弱点に打ち勝つ必要があるということ。克己心の大切さを説く言葉です


受験勉強をする受験生にぴったりの故事成語ですね。
競争に勝つためには、その前に自分自身に勝たなくてはならないと示しています。


受験とは志望校に向けて多くの自分以外の受験生と競い合い、その戦いに勝つか負けるかという厳しい面があります。


しかし、他の受験生に勝つためには何より自分の学力を高めなければなりません。そのためには、わがままを抑え自分の好きなことをせずに勉強したり、自分の苦手なことを克服したりといった自分自身に勝つことが大切なことだということですね。


また、自分に打ち勝とうと努力することで、精神的にも成長するのではないでしょうか。


この故事成語は、受験に限らず様々な努力を必要とされる場面で大切な心構えでしょう。まず自分自身との戦いに勝とうと心がけることが自分の能力を向上させ、その過程で精神的にも成長することを示唆した言葉だと思います。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓