論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

記述力養成①

記述は内容と表記に分かれます。
内容とは、文章を読解し設問に応じて答えた内容のことです。
表記とは、解答する時の文の書き方のことですね。


中学受験を考えた場合、長い字数を要求される記述の内容の勉強は小学6年生からでも良いように思いますが、文法や語句などを学ぶ際に文を書いて記述の表記の勉強をするのは3、4年生ぐらいから始めるのが望ましいように思います。


6年生に記述指導をする際に感じることを書きます。はじめは、男子に比べて女子の方が表記面で優れていることが多いです。一般的に女子の方が文を書く機会が多い(友達と手紙の交換など?)からでしょうか。しかし、数多くの問題演習や添削を通して受験前には男子も素晴らしい表記で記述できるようになります。


表記を磨くには、たくさん数をこなすことが大切ですが、効果的に学習してもらうために6年生の場合は初めの指導でおかしな文を示して、どこがおかしいのかを考えてもらうことをします。間違いやすい表記パターンをを覚えてもらうのです。


例えば
主語 述語がねじれている 例)ぼくの好きな季節は夏が好きだ
                          ➡夏だ。

言葉の重複        例)馬から落馬した。
                ➡(不要)

文末の不統一       例)~です。~ます。~だ。~です。
                        ➡です。

同じ接続を続ける     例)~ので、~ので~。 でも、~。でも~。
                     ➡ため       ➡しかし


他にもありますが、6年生からの記述の勉強はこのように表記から入ると効率的だと思います。後は演習の数をこなし、間違い直しをしっかりやる(できれば第三者に添削してもらう)ことで、徐々に上達していきます。


良ろしければポチッと押して下さい。
  ↓

設問研究④

今回は設問の種類や設問の形式からは少しはなれた話になると思うのですが、読解問題について考えたいと思います。


読解問題とは一般的に言うと文章の内容を聞いている問題だと思うのですが、私が考える読解問題は文章の大切なところを聞いている問題のことです。


例えば、説明文では話題や説明の仕方、結論を尋ねる問題や、物語文で大切なできごとや、心情、あるいは主題を尋ねる問題が読解問題だと言えます。「読解力養成」で書いた読み方が分かっているかを尋ねる問題が読解問題だとも言えます。


だから、文章を読む上で大切でないところをを尋ねる問題は、それが知識系ならまだわかりますが、内容を聞く読解系の問題なら、しょうもない問題だと言えます。


文章題はしっかりした読解問題が多いのか、あるいはしょうもない問題が多いのかで作問者の力量を推し量れますし、一般的に読解問題の多さとその学校のレベルは比例しているように思います。


また、読解問題の配点をその他の問題より大きくしている学校もあります。たとえ選択形式の問題であったとしても文章の大切なところを尋ねる読解問題には、記述形式なみの配点を課す場合があるのです。


文章の大切なところが分かっているのかを尋ねる問題を、作問者は大切だと考えている訳ですね。そのような問題を見るとさすがだと思ってしまいます。


良ろしければポチッと押して下さい。
  ↓

設問研究③

今回は選択問題について考えたいと思います。記述問題やぬき出し問題に比べて選ぶだけだし、カンでも解答できるのでやり易く感じる問題ですね。しかし、苦手な人もいると思いますので順を追ってやり方を考えていきましょう。


やり方は大まかに分けて2通りあります。
1つは選択肢の中から正解を選ぶ方法です(私は「一発選択法」と言っています)。
もう1つは選択肢の中から違うものを消していき正解を残す方法です(消去法)。


消去法は、明らかに違う選択肢の場合は記号にバツをつけ、あやしい選択肢は選択文のおかしい部分に「|×(横に線を引いてバツをつける)」を書き込んだり、選択文の微妙な部分に「|?(横に線を引いてはてなマークをつける)」を書き込んだりして違う選択肢を明らかにして、削除して正解を残すやり方です。


そうすることでひっかけ問題の選択肢には引っかかりにくくなります。なぜなら、ひっかけ問題は、選択文のほとんど全ては正しいが一部分に強調表現(絶対、必ず、全て、常に‥‥など)を書いて正しいとは言えないように作られていることが多いからです。


また、選択文が3行以上の長い選択文になるとややこしくなるので、消去法は有効でしょう


では、選択問題は常に消去法を使うといいのでしょうか?


私は、そう思いません。
消去法は解答のテクニックの一種なので、あまりテクニックに偏ると国語で一番大切な読解力が成長しないからです。特に小学校5年生ぐらいまでは「一発選択法」で取り組んだ方が、長い目で見ると良いように思います。


読解力はあるのだが、選択問題が苦手だという人は小学校5年生でも消去法を使ってもいいと思います。ただし、その場合も「一発選択法」で解答しづらい場合に使うようにしてください。


良ろしければポチッと押して下さい。
  ↓