論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

文法研究②

品詞の識別の続きです。前回は、全10種類ある品詞から付属語である「助詞助動詞」を見分けられるというところまででした。


後は、残りの8種類の品詞、(「名詞」、「動詞形容詞形容動詞」、「副詞連体詞」「接続詞感動詞」)の見分けです。


この中で「接続詞、感動詞」は見た瞬間に識別できます
なぜなら、「接続詞」はつなぎ言葉(しかし、だから、つまり等)だし、感動詞は感動や驚き、応答を表し、他から離れて用いる言葉(はい、まぁ、おや等)なので、意味を考えなくても形でわかるからです。


さて、ここからが本番です。残り6種類は(「名詞」、「動詞、形容詞、形容動詞」、「副詞、連体詞」)は主語、述語、修飾語に分けて識別します


名詞」は主語(体言)なので、「は」「が」をつけることができるので、それで見分けます。物事の名前を表す品詞ですね。


述語である「動詞形容詞形容動詞」は全て活用する(変化する)品詞です。
意味の上では「動詞」は動作や存在、「形容詞」「形容動詞」は様子や状態を表します。


ところで「動詞」は様々に変化をしますが、「形容詞」「形容動詞」は1つのパターンでしか変化しないので覚えましょう。


「形容詞」は語尾が「かろ、かっ、く、い、い、けれ」となるので、「美しい」という形容詞は「美しかろ、美しかっ、美しく、美しい、美しい、美しけれ」と活用します。


「形容動詞」は語尾が「だろ、だっ、で、に、だ、な、なら」となるので、「きれいだ」という形容動詞は「きれいだろ、きれいだっ、きれいで、きれいに、きれいだ、きれいな、きれいなら」と活用します。


ちなみに、「動詞」終止形(基本の形)「~ウ段」なので、書く、走る、笑う 等になります。
形容詞は「~い」なので、美しい、明るい、やわらかい 等で、形容動詞は「~だ」なので、きれいだ、静かだ、おだやかだ 等になります。


では少し問題をしてみましょう。


(問)次の①~⑤の言葉の品詞を答えてください。
 ①戦う  ②戦い  ③大切な  ④かわいい  ⑤かわいさ



(答え)①動詞 ②名詞 ③形容動詞 ④形容詞 ⑤名詞
 ②と⑤は「は」や「が」をつけることができるので、主語になり名詞です。合ってたでしょうか?今日はここまでにします。


良ろしければポチッと押して下さい。
  ↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。