論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

受験生への伝言②


今年も残すところあとわずかになりました。各塾の冬期講習もそろそろ始まります。関西では年が明けると2週間後に統一入試が始まり、志望校の受験が迫っています。


一方、世間ではクリスマスやお正月といった恒例の行事でにぎやかになりますが、受験生のみなさんはひたる訳にはいきませんね。


クリスマスケーキを食べたり、初詣に参拝したりしてもいいと思いますが、それは気分転換程度であって毎日こなすべき学習を確実にこなすことが大切です。受験生にとってクリスマスもお正月も受験が終わってからやってくると思いましょう。


みなさんは、オリンピックや世界大会に出場するアスリートと同じなのです。アスリートは長い準備期間を経て大会に臨むのですが、大会に出た時に、自分のコンディションを心身ともに最高の状態にもっていけるように調整しますよね


それと同じで、少しでも有利に受験をするために学力を養成して受験に臨みます。しかし、受験1~2週間前になるとオーバーワークにならないようにした方が良いでしょう。
心身共に疲れを残して本番を迎えないほうが良いと思うからです


だからと言って、正月気分にひたってしまうとせっかくみがいてきたみなさんの学力がにぶってしまう恐れがあるので厳禁です。暗記物は毎日学習しなくてもいいですが、毎日した方がよい学習もあります


例えば、国語の場合は、やはり文章を読むことです。文章を読むスピードや内容をつかむ技術をにぶらさないために、5分で良いので毎日文章を読む機会を作るべきです。


あと、もう1つみなさんに伝えたいことがあります。それは、完ぺきな準備ができる受験生はあまりいないということです。ほとんどの受験生はもっと準備をする時間が欲しいと思いながら受験を迎えます


だから、自分にとっての学習の優先順位を決め、できる範囲で自分の学力を高めるようにしていかないといけません。


直前のオーバーワークは良くないですが、自分の優先する学習をできる範囲で確実にこなしていくことが大切です。最後までしっかり頑張ってください


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。