論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

雑談(懐かしの生徒たち③)

今回は幼い系のやんちゃな6年生男子生徒Oくんについて書きたいと思います。


彼は最上位クラスに在籍していましたが、クラス内での成績はかなり下のほうでした。見た目は林家こぶ平(今は9代目林家正藏)に似た可愛らしい男の子でしたが、やんちゃな男子生徒が多いクラスの中でも特にやんちゃでした。


わたしが担当した当初、授業中に反抗的なことを言うので注意すると大声を出して猛抗議します。わたしも大声を出してしかると机の下にもぐって抗議を続けます。クラスの生徒は大爆笑していますが、しつけをしている時期でもあり、こんな悪ふざけを許すわけにはいかないので彼を机の下から引きずり出し廊下に連れ出し説教すると彼は泣きわめきました。


わたしとOくんのやり取りを見て最初面白がって見ていたクラスの生徒たちも、教室から引きずりだされて説教をされて泣くOくんの姿を見て水を打ったように静まり返ったのを覚えています。


このようなOくんの子供らしいわがままがたまに爆発するので、その度にわたしにしかられ泣いていたように思います。当時のOくんの口癖は「どうせ、俺が悪いんやろぅ~」でした


そのうち気づくとわたしは妙にOくんになつかれ、いつもわたしにまとわりつくようになっていったのです


さて、いよいよ受験シーズンになりました。Oくんの第1志望は難関男子校だったのですが、実力的には厳しかったので前受験(練習)で他県の難関校を先に受けて、その合否を見て不合格なら第2志望の大学付属校を受けることにしていたのです。


そして、Oくんは前受験で不合格になりました。精神的にもろいところもあり本番の受験をしたくないと言い出しましたが、わたしも保護者とともに説得し第2志望の大学付属校を受験して合格し、進学したのです


それから数年後、わたしが仕事中に校舎を移動するため電車に乗って座席に座っていた時のことです。向かいの座席に座っているごつい体格の青年がわたしの方を見ながらニヤニヤしているのです。「うわぁ~なんか変な人がいるなぁ。絶対にむこうを見たらあかんわぁ‥」と内心思っていました。


わたしが電車を降りてホームに出るとその青年もホームに出て近づいて来るではありませんか!「な、なんやねん‥」と思いながら青年のほうを見ると「先生、ひさしぶりやなぁ~」と野太い声がするのでした。よく青年の顔を見てみるとOくんの面影があります。Oくんとの再会でした。


彼は大学付属校なので部活動に専念し高校でレスリングをしているとのことでした。電車内で早くにわたしに気づいていたようなのに、なぜすぐ声をかけなかったのか尋ねると「先生がいつ気づくか見ててん。でも、気づかず仕方ないからこっちから声をかけてん」とのこと。おかげで少し怖い思いをしたよ、Oくん(笑)


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。