論理の国語

中学受験のことや、国語に関する様々なことを書いていこうと思います。中学受験を目指すご家庭や指導関係者の参考にになれば幸いです。

受験生に贈る「故事成語」①

故事成語というのは、故事(大昔にできごと)を語源とする慣用語句の総称で、たいていは中国の古典に書かれた故事が元になっています。


内容は、人生の生き方などを婉曲に示唆したり、端的に表したりするものが多く、受験生の心理に役立つものもあるので、シリーズにして書いていきたいと思います。


今回は、「人に勝たんと欲する者は、必ず先(ま)ず自ら勝つ」という長い故事成語を挙げたいと思います。


【意味】
人に勝とうと思ったら、その前に自分自身の欲望や弱点に打ち勝つ必要があるということ。克己心の大切さを説く言葉です


受験勉強をする受験生にぴったりの故事成語ですね。
競争に勝つためには、その前に自分自身に勝たなくてはならないと示しています。


受験とは志望校に向けて多くの自分以外の受験生と競い合い、その戦いに勝つか負けるかという厳しい面があります。


しかし、他の受験生に勝つためには何より自分の学力を高めなければなりません。そのためには、わがままを抑え自分の好きなことをせずに勉強したり、自分の苦手なことを克服したりといった自分自身に勝つことが大切なことだということですね。


また、自分に打ち勝とうと努力することで、精神的にも成長するのではないでしょうか。


この故事成語は、受験に限らず様々な努力を必要とされる場面で大切な心構えでしょう。まず自分自身との戦いに勝とうと心がけることが自分の能力を向上させ、その過程で精神的にも成長することを示唆した言葉だと思います。


お手数ですがやる気スイッチお願いします★
  ↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。